英語力ビルダー : 英語の語順 音読トレーニング!


メルマガサンプル2


◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇
     『英語力ビルダー』文型別に動詞を学ぶ 第二回
◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇
【第一文型をとる動詞】S+Vパターン その2
 動詞の後に、補語や目的語をとらないパターン(完全自動詞)

 前回のIIに、動作の停止をあらわすstop(止まる)を分類していましたが、
止まった後、長くそこにとどまる状態をあらわす動詞も第一文型をとる動詞で
す。

III. 停滞、滞在に関する動詞
 a. stay(滞在する)
 b. remain(残る、とどまる)
 c. lie(横になる、寝る)
 d. stand(立っている、停止する)
 e. wait(待つ)

 また、何かが起こり、現れ、存在し、存続・継続する状態をあらわす動詞も
第一文型のパターンをとります。

IV. 起こる、現れる、存在、存続、継続に関する動詞
 a. happen(起こる)、occur(起こる)、arise(起こる)、
    coincide(同時に起こる)、spring(突然起こる)
 b. appear(現れる)、emerge(出てくる)
 c. disappear(見えなくなる)、fade(姿を消す)、vanish(消える)、
    die(死ぬ)、perish(死ぬ)
 d. exist(存在する)
 e. last(続く、存続する)、continue(続く)、go on(続く)

 happenやoccurは、予期せぬことが"起こる"場合に使われ、予定されていた
ことが起こる(行われる)場合は、take placeなどが使われます。

 なお、go onは、動詞+副詞の句動詞ですが、参考のため記載しておきます。
"go on"のひとかたまりで、他の自動詞と同様の使い方をします。自動詞とい
う言葉をここで初めて使いましたが、自動詞−他動詞、完全自動詞−不完全自
動詞という文法上の考え方は、第一文型の動詞を理解するうえでとても大切で
す。第一文型をとる動詞は、完全自動詞に分類されます。くわしくは、市販の
参考書をご参照ください。

 メールを受信されたくない場合は、ご登録のメールアドレスから
info@eng-builder.jp宛に、『メーリングリストからの削除依頼』と題し、
メールをお送りください。ご登録のメールアドレスを連絡先リストから削除致
します。

◆********************************************************◆
 ELM英語学習教材研究所
 メールアドレス:info@eng-builder.jp
◆********************************************************◆


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★句

2語以上の単語が集まって、ひとつの品詞と同様の働きをするもの。ただし、その中にS+Vの関係は含まれません。

例:I like to playsoccer.

(私はサッカーをするのが好きだ。)

to play soccer

サッカーをすること

 =名詞句

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★節

S+Vを含む複数の単語が1つのまとまりとなって、文の構成要素となっているものをいいます。

例:I said that he wasout.(私は、彼は外出していると言いました。)

that he was out = 名詞節

 

 

 

 

 

 

 

 

★センスグループ

 英語の意味の切れ目で数語を1つのまとまりとして区切ったものを言います。この教材では、文の要素で区切っています。