英語力ビルダー : 英語の語順 音読トレーニング!


記憶定着トレーニング


スピードアップ音読:
ノーマル音声やセンスグループ音声で、音読を繰り返すトレーニングで
す。英語の表示を消して和文のみにしたり、両方を表示させたり、英語の
みを表示させたり、音声をノーマルにしたり、センスグループ音声にした
りと、目的に応じて設定の変更が可能です。

2回り単位で、自動的に音声スピード("Speed")が0.1ずつ上がっていきます。なお、"
Speed"も、随時、設定が変更できます。以下のサンプル動画では、設定変更を出来るだけ
多くお見せするため、途中で設定を切り替えています。
設定:
英語表示
ノーマル表示(通常英文)/表示なし
和文表示
ノーマル表示(通常和文)/英順和文/表示なし
表示順
英文→和文/和文→英文
音声
ナチュラル(ノーマル)音声/センスグループ音声
ねらい:
>> センスグループ音声とノーマル音声で音読を繰り返して、英語の語順
をからだに馴染ませ、焼き付ける
コツ:
>> まずはセンスグループ音声を使って音読をくり返します。その際、ただ音読するのではなく、語順を強く意識してください(「何を」‐「何と」などのパターンになっていることを、声に出しながら、確認し続けます)
>> ある程度語順を意識しながら読んだら、ノーマル音声でどんどん音読しましょう


スピード音読&筆写:

ノーマル音声やセンスグループ音声で、音読しながら筆写をするトレーニ
ングです。音声を聞きながら筆写したり、音声をリピートしながら筆写し
ます。紙に書くことで記憶の定着がいっそう高められます。
設定:
英語表示
ノーマル表示(通常英文)/ランダム表示/表示なし
和文表示
英順和文
表示順
英文→和文/和文→英文
音声
ナチュラル(ノーマル)音声/センスグループ音声
ねらい:
>> 筆写することで、記憶やからだに語順を定着させます
コツ:
>> 最初は、センスグループ音声を使って筆写しましょう
>> 最初は英文も表示させますが、ある程度覚えたら、和文の表示のみで筆写しましょう


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★句

2語以上の単語が集まって、ひとつの品詞と同様の働きをするもの。ただし、その中にS+Vの関係は含まれません。

例:I like to playsoccer.

(私はサッカーをするのが好きだ。)

to play soccer

サッカーをすること

 =名詞句

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★節

S+Vを含む複数の単語が1つのまとまりとなって、文の構成要素となっているものをいいます。

例:I said that he wasout.(私は、彼は外出していると言いました。)

that he was out = 名詞節

 

 

 

 

 

 

 

 

★センスグループ

 英語の意味の切れ目で数語を1つのまとまりとして区切ったものを言います。この教材では、文の要素で区切っています。