英語力ビルダー : 英語の語順 音読トレーニング!


プレスタディ


ノーマル朗読:

文型パターン、和文、英順和文(英語の単語順の和訳)の全体像をつか
むためのトレーニングです。朗読音声はノーマル音声です。
ねらい:
>> 文型パターン(Sentence Pattern)の確認する
>> 和文と英順和文の確認〜和文を英語でどの順番で言うのかを確認す
コツ:
>> 文型パターン:『何がどうする‐何を‐何と/何に』を確認し、語順を意識しながら、音声に重ねて(追いかけるように)音読する


センスグループ朗読:

センスグループ単位で音読します。便宜上、S(主語)とV(動詞)は
ひとまとめで朗読しています。ゆっくり音読して、英語の語順を確かめ
るトレーニングです。
ねらい:
>> 英語の語順で区切り、ゆっくりと音読することで、英語の語順を頭
で再認識しながら、からだに焼き付けます
コツ:
>> 朗読される単語が黄色になります。そのペースに合わせて、じっくりと音読します。さらっと音読するのではなく、語順を意識しながら、じっくりと音読することを心がけます
>> 英文、和文の両方が目に入りますが、最初は和文の方に注意を向けながら音読します。英順和文ですので、和文を英語でどのような順番で言っているのかを意識します。
>> このサンプルにおいては、「何を」‐「何と」という語順を、音読しながら強く意識します。英単語を音読しながら、「何を」‐「何と」の順番であることを意識的に再認識します(再認識を繰り返します)。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★句

2語以上の単語が集まって、ひとつの品詞と同様の働きをするもの。ただし、その中にS+Vの関係は含まれません。

例:I like to playsoccer.

(私はサッカーをするのが好きだ。)

to play soccer

サッカーをすること

 =名詞句

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★節

S+Vを含む複数の単語が1つのまとまりとなって、文の構成要素となっているものをいいます。

例:I said that he wasout.(私は、彼は外出していると言いました。)

that he was out = 名詞節

 

 

 

 

 

 

 

 

★センスグループ

 英語の意味の切れ目で数語を1つのまとまりとして区切ったものを言います。この教材では、文の要素で区切っています。