英語力ビルダー : 英語の語順 音読トレーニング!


学習ウィンドウでの操作



トップ画面から「トレーニング開始」ボタンをクリックすると、学習ウィンドウに切り替わります。トップウィンドウで選択された教材ファイルを使って、この画面で音読・筆写のトレーニングをしていきます。


この画面は、以下のように2つの領域からなっており、上部の黒い領域が学習エリア、下のグレーの操作部をコントロールパネルと呼びます。


コントロールパネルのボタン

コントロールパネル上に配置された、ボタンやツマミ、ゲージなどは以下のような役割を持っています。


 1. 学習終了ボタン・ヘルプボタン

▲Top

○ 学習終了ボタンで、学習ウィンドウを閉じ、トップ画面に戻ります。ヘルプボタンは、このヘルプファイルを表示します。ただし、標準で使用するブラウザがマイクロソフト社のインターネットエクスプローラー以外に設定されている場合には、表示されないことがあります。その場合、Windowsのスタートメニューから「英語力ビルダー」>「英語力ビルダーヘルプ」をオープンしてください。



 2. 教材タイトル

▲Top

○ 教材ファイルのタイトルを表示します。



 3. メニュー選択ボタン

▲Top

○ トレーニングメニュー6種類の中から、取り組みたいメニューをクリックし、選択します。



 4. サブメニューリスト

▲Top

○ 選択されたメニューの下位にある、トレーニングのバリエーションのリストを表示します。リストをクリックして、サブメニューを選択します。

○ 1つのメニューにたいして2〜4つのサブメニューが用意されていますが、そのすべてに取り組まなければならないわけではありません。詳しくは、それぞれのトレーニングについての解説(各ページの「学習のバリエーション」の項目)をお読みください。



5. トレーニング情報

○ 上段には、画面に表示される英文、和文のタイプ、表示の順番、使用する音声ファイルの種類を簡
易表示しています。ここをクリックして変更すると、設定パネルの情報に反映されます。

○ 下段には、スピードアップ音読とアクティベーションのリピート回数が表示されます。



 6. 操作ボタン

▲Top

○ トレーニングの開始・終了などの操作をします。

・トレーニングを開始します。

・トレーニングを中断します。ただし、レビューの「センスグループ暗唱」以外の3つでは使えません。学習エリア内で操作するか、キー入力(エスケープキー)で操作してください。

・スピードアップ音読、アクティベーション、高速リスニング・高速リーディングで、音声の再生や、テキストの表示を一時停止させます。再開するには、もう一度このボタンをクリックします。

・プレスタディのノーマル朗読、センスグループ朗読、そしてスピードアップ音読、アクティベーション、高速リスニングの各トレーニングで、前の文に戻したいときにクリックします。

・プレスタディのノーマル朗読、センスグループ朗読、そしてスピードアップ音読、アクティベーション、高速リスニングの各トレーニングで、強制的に次の文に進めたいときにクリックします。

・プレスタディのノーマル朗読、センスグループ朗読、そしてスピードアップ音読、アクティベーション、高速リスニングの各トレーニングで、同じ1文を繰り返したい時に利用します。リピート回数は1回のみです。同じ文を何度も繰り返したい場合には、1回ごとにクリック(もしくはBack Spaceキー入力)してください。



 7. スピードインジケータ

▲Top

○ ノーマル朗読センスグループ朗読スピードアップ音読アクティベーション高速リスニング高速リーディングの朗読音声の再生スピードを調節します。水色のバーをドラッグするか、左右のカーソルキーを押します。スピードの範囲は0.5〜4.0倍速です。



 8. 朗読音量調節ツマミ

▲Top

○ 朗読音声の再生音量を調節します。

○ 右の「全体」を調節すると、Windows全体の音量に影響を与えます。したがって、これを調節すると、クリック音などの音量も変わります。

○ 左の「音声」は、朗読音声のみに影響を与えます。通常は、プチプチというノイズが入らない程度に大きめに調節しておきます。



 9. 設定パネル呼出ボタン・学習ガイド表示ボタン

▲Top

○ トップウィンドウ同様、設定パネルを呼び出すためのボタンと、学習ガイドを表示するためのボタンです。

○ 音読トレーニング中にガイドを表示すると、音声の再生が停止します。その際は、「次へ」ボタンで先に進めてください。




学習メニューごとの操作


学習メニューそれぞれに固有のキー操作は、基本的に画面上に表示されています。不明な点は各メニューの解説ページをご覧下さい。

  >>1. プレスタディ

  >>2. 記憶定着トレーニング

  >>3. アクティベーション

  >>4. タイムアタック

  >>5. レビュー

  >>6. 高速リスニング&高速リーディング