英語力ビルダー : 英語の語順 音読トレーニング!


第二文型 句レベル



第2文型
S
V

C

M/P/T
名詞
自動詞

to do
doing
done

副詞類


Cの部分に、to do句doing句done句(-ed句)がくるパターンです。

Cは名詞か形容詞ですので、それぞれの『句』が、名詞か形容詞、どちらかの役割を果たしています。以下、表にして示します。 

 

名詞的用法

形容的用法

to do ( to-不定詞)

不定詞の名詞的用法:
教材7-1, 7-6

不定詞の形容詞的用法(叙述用法):
教材7-2, 7-7

doing (-ing)

動名詞:教材7-3, 7-8

現在分詞:教材7-4, 7-9

done (-ed)

×

過去分詞:教材7-5, 7-10


※形容詞が補語として使われる場合、この使い方を叙述用法と呼び、名詞を修飾する場合を限定用法と呼びます。

個別教材ファイル詳細

○7-1 第2文型(be動詞)〔C:to-句;不定詞(名詞的用法)〕 その1 >>TEXT

to 不定詞が『〜すること』という名詞(不定詞の名詞的用法)として使われるパターンです。

○7-2 第2文型(be動詞)〔C:to-句;不定詞(形容詞的用法)〕 その1 >>TEXT

to 不定詞が形容詞的な働き(叙述用法)をするパターンで、予定,義務,可能,運命などを意味します。
 例文1〜3:予定(〜することになっている)
 例文4〜6:義務(〜すべきである)
 例文7〜9:可能(〜できる)
 例文10〜12:運命(〜する運命にある)

★例文注★

○「be not to 不定詞」をセンスグループで区切ろうとする場合、A.「be not / to 不定
詞」、B.「be / not to 不定詞」のどちらとも解釈が可能ですが、この教材では後者を採用し
ています。

A>That woman is not / to be trusted.
B>That woman is / not to be trusted. ・・・こちらを採用

○7-3 第2文型(be動詞)〔C:-ing句 動名詞〕その1>>TEXT

-ing句が名詞(動名詞)として使われ、『〜すること』を意味するパターンです。

○7-4 第2文型(一般動詞)〔C:-ing句 現在分詞〕その1>>TEXT

-ing句が形容詞として使われるパターンです。『〜しながら』、『〜している状態で』という意味を表します。

○7-5 第2文型(一般動詞)〔C:-ed句 過去分詞〕その1>>TEXT

-ed句が形容詞として使われ、『〜された』、『〜した』を意味するパターンです。

○7-6 第2文型(be動詞)〔C:to- 句 不定詞(名詞的用法)〕 その2>>TEXT

○7-7 第2文型(be動詞・一般動詞)〔C:to-句;不定詞(形容詞的用法)〕 その2 >>TEXT

 7-2と同様。

 例文1-2:予定
 例文3-4:義務
 例文5:可能
 例文6:運命
 例文7〜12:to不定詞句を伴うその他の自動詞

○7-8 第2文型(be動詞)〔C:-ing句 動名詞〕その2>>TEXT
○7-9 第2文型(一般動詞)〔C:-ing句 現在分詞〕その2>>TEXT
○7-10 第2文型(一般動詞)〔C:-ed句 過去分詞〕その2>>TEXT