英語力ビルダー : 英語の語順 音読トレーニング!


第一文型



第1文型
S
V
M/P/T
名詞
自動詞
副詞類


最も基本的な、『SがVする』という文で、例えば、『人は 歩く』『魚は 泳ぐ』など『主語−動詞』という語順で表されます。

日本語では、主語をあらわすときは 名詞の後に『が』『は』などの助詞をつけますが、英語の場合はこれを語順であらわします。『名詞+動詞』の順に並べることで、主語―述語動詞の関係になります。この順を逆にしてしまうと(動詞+名詞)、異なる意味になったり、文が意味をなさなくなったりします。

たとえば、Birds fly.(鳥は飛ぶ)の語順がさかさまになると、Fly birds(鳥を飛ばせ)というように全く異なる意味になります。Mike bought a camera.(マイクはカメラを買った)も、A camera bought Mike.(カメラはマイクを買った???)と意味をなさなくなりますし、A camera Mike boughtでは、(マイクが買ったカメラ)という句(文ではない)になります。

基本的に、英語は必ずSVから始まります(命令文、疑問文などは別にして)。これを変えてしまっては、主語をきちんと表せません。

 

 

★略記号(M, P, T)

M:manner /
  どのように(様態)

P:place / どこで(場所)

T:time / いつ(時)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★句とは、2語以上の単語が集まってひとつの品詞と同様の働きをするものを指します。