英語力ビルダー : 英語の語順 音読トレーニング!


加速学習理論



『英語力ビルダー』は、SRR速読教室の寺田氏と沖縄のヴィジョン学習研究会の玉城氏が加速学習理論にもとづいて開発した英語学習ソフトが土台となっています。この「加速学習理論」を取り入れた英語学習ソフトに、「英語の語順の学習と修得」のコンセプトとトレーニングを追加したものが『英語力ビルダー』です(開発者情報はこちら)。


ですので、『英語力ビルダー』の学習ステップは「加速学習理論」にもとづいて設計されています。採用されている学習システム(加速学習)についての詳細な解説や、脳科学的な観点からみた 効果的な英語学習法について知りたい方は、寺田昌嗣・玉城博正共著「英会話 音読練習帳」(永岡書店)をご覧ください(東北大学川島隆太先生へのインタビュー記事『脳科学から見る英会話上達のヒント』掲載 )。絶版となっておりますので、古本屋などで入手なさってください。


「加速学習理論」にもとづいた学習システムについてはこちら


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★句

2語以上の単語が集まって、ひとつの品詞と同様の働きをするもの。ただし、その中にS+Vの関係は含まれません。

例:I like to playsoccer.

(私はサッカーをするのが好きだ。)

to play soccer

サッカーをすること

 =名詞句

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★節

S+Vを含む複数の単語が1つのまとまりとなって、文の構成要素となっているものをいいます。

例:I said that he wasout.(私は、彼は外出していると言いました。)

that he was out = 名詞節

 

 

 

 

 

 

 

 

★センスグループ

 英語の意味の切れ目で数語を1つのまとまりとして区切ったものを言います。この教材では、文の要素で区切っています。