英語力ビルダー : 英語の語順 音読トレーニング!


第四文型 語レベル


概観☆

第4文型

S

V

O1

O2

M/P/Tなど

品詞等:

名詞

他動詞

名詞(人)

名詞(もの)

副詞類





 『SがO1にO2をVする』という文で、この文型をとる動詞をとくに授与動詞と呼びます。

 また、O1を間接目的語(Indirect Object: IO)、O2を直接目的語(Direct Object: DO)と呼びます。

 授与動詞は大きく分けて、次の2つの型に分かれます。
1.第3文型に変換の際、前置詞toをとる動詞:give型

 第4文型:『S+V+O1+O2 』 →第3文型:『S+V+O2+to+O1 』
「(人など)に対して(物など)を〜する」というような意味をあらわす。
2.第3文型に変換の際、前置詞forをとる動詞:buy型

 第4文型:『S+V+O1+O2』 →第3文型:『S+V+O2+for+O1』
 「(人など)のために(物など)を〜してやる」というような意味をあらわす。

【学習のポイント】

1.O1、O2は必ずしも『人』『物』でない場合もありますが、間接目的語は『人』、直接目的語は『物』と考えて、S+V+『人』+『物』とまず簡単に覚えましょう。

2.第3文型に変換の際、toをとるか、forをとるかを分けて覚えておきましょう。教材は、第4文型の練習の中で、あえて第3文型に書き換えられた文のトレーニングが含まれています。


☆個別教材ファイル詳細☆

○4-1 第4文型(第3文型のときtoをとる動詞) その1 >>TEXT
○4-2 第3文型(S + V + O2 + to O1:4-1の書きかえ) その1 >>TEXT
○4-3 第4文型(第3文型のときforをとる動詞) その1 >>TEXT
○4-4 第3文型(S + V + O2+ for O1 :4-3の書きかえ) その1 >>TEXT


○4-5 第4文型(第3文型のときtoをとる動詞) その2 >>TEXT
○4-6 第3文型(S + V + O2 + to O1:4-5の書きかえ) その2 >>TEXT
○4-7 第4文型(第3文型のときforをとる動詞) その2 >>TEXT
○4-8 第3文型(S + V + O2 + for O1:4-7の書きかえ) その2 >>TEXT